篠田興業、新型メロディーロード開発 車通ると旋律奏でる

2012/10/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

土木建設業の篠田興業(標津町)は路面が音楽を奏でる「メロディーロード」の新型を開発した。従来はオルガンのような音色で旋律だけが聞こえる仕組みだったが、新型は楽器演奏と歌声が同時に流れる。主な発注元である自治体などの要望に幅広く対応することで受注拡大を目指す。

第1弾として沖縄県名護市に設置する。仲技建(沖縄県宜野座村)と共同で25日にも着工する。従来型のメロディーロードは鳥取県境港市にも完成した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]