/

留萌、オートキャンプで観光振興 ホテルの少なさ逆手に

宿泊施設の少ない留萌で「キャンピングカーで滞在客を呼び込もう」という試みが始動する。豊かな食材や絶景を材料に交流人口を増やし、「オートキャンプの街・留萌」のイメージに沿った新産業の育成も目指す。まず26~27日、留萌市のゴールデンビーチで「オートキャンプフェスティバル」を開く。

留萌振興局によると、全国のオートキャンプ利用者の10%が50歳以上。2006年の8%から比率が上昇し、時間に余裕がある熟年層の利用が拡大している。「大型ホテルの整備は難しいが、すでに宿泊手段を持っている人を対象にできればと考えた」(渡辺稔之・健康産業支援室長)

26日のフェスには112台326人が参加を予定。経済効果や問題点を洗い出し、今後につなげる。留萌管内ではエビ、タコ、ホタテなどの海産物のほか、コメや果物の評価も高い。海岸沿いには夕日の名所も多く、今後は各地で「食」を生かしたオートキャンプ大会を企画する。さらに有休農地を市民農園として活用し、オートキャンパーをひき付ける。キャンピングカー関連企業やアウトドア産業の誘致・育成も目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン