/

この記事は会員限定です

人工知能を小説家に はこだて未来大教授ら、星新一作品を解析

5年内にプロ水準めざす

[有料会員限定]

公立はこだて未来大学(函館市)の教授らによる、人工知能(AI)を載せたコンピューターで小説を生み出すプロジェクトが動き始めた。題材はSF作家の星新一さんが残したショートショートの1000編。短く鮮やかな星さんの文章の構造や発想法の解析を通じてコンピューターに小説を書く知恵を与え、将来はファンが満足する新作の発表を目指している。

2月23日、函館市の温泉宿にプロジェクトに参加する人工知能の専門家らが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り651文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン