/

札幌の素材会社の食品添加物 米FDAが安全認可

米食品医薬品局(FDA)が一般に安全と見なす食品素材「GRAS」として、このほどアミノアップ化学(札幌市)の機能性食品素材オリゴノールを認可した。安全な食品添加物としてのお墨付きを得たことで、同社は米国の加工食品メーカーが食品素材として利用を増やすと見込む。

2009年からGRAS認可に向け取り組み、6月12日にFDAの認可を得た。オリゴノールは09年にGRASの1つ前の段階の「Self-affirmed GRAS」となったが、これまで食品への利用はサプリメントが中心だった。

アミノアップは現在、年間1トンのオリゴノールを本社工場で生産している。海外への輸出は2割程度。

オリゴノールは果物のライチからポリフェノールを抽出したもの。同社によると血流改善や疲労回復効果が確認されているという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン