2019年2月18日(月)

メディシス、小樽の丸井今井跡地を取得 高齢者住宅に

2013/2/23付
保存
共有
印刷
その他

メディカルシステムネットワークは22日、小樽市中心部の旧丸井今井小樽店と旧小樽グランドホテルが入居していた商業施設の土地と建物を取得した。建物を取り壊して、2015年度にもサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を建設する。小樽は高齢者の人口が多いため、買収を決めた。再開発で地域経済を活性化する狙いもある。

不動産子会社の日本レーベン(札幌市)が複数の地権者らと売買契約を結んだ。敷地面積は約6400平方メートル、建物は地上13階建て。取得額は明らかにしていない。建設する住宅の規模はこれから詰めるが、医療機関やグループ会社が運営する調剤薬局を併設する考えだ。

メディカルシステムは札幌市北区でサ高住を運営する。5月には同市清田区に2施設目を開業する。高齢化が進むなかサ高住の需要が高まっていると判断、全国で拠点を拡大する戦略だ。

取得した商業施設は不動産の小樽開発が1990年に建設した。総事業費は約130億円。旧北海道拓殖銀行の経営破綻や景気低迷が響き、05年に丸井今井が撤退、09年に小樽グランドホテルは閉館した。現在は空きビルとなっている。

地権者や建物の所有者が複数いる物件のため、売却交渉が進まず、10年に小樽開発が自己破産した。昨年2月には3度目の競売が不成立となり、再開発が課題となっていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報