/

この記事は会員限定です

釧路市の生活保護費、150億円に迫る 12年度1万人受給

[有料会員限定]

釧路市の生活保護費が急増し、2012年度は総額150億円に迫る見通しとなった。地域経済の疲弊を背景に受給者が1万人を突破。12月補正でも予算が底を突き、リーマン・ショック時以来という2月補正での積み増しを余儀なくされた。このままのペースが続けば13年度は150億円を超えるのは確実。増え続ける保護費が財政圧迫要因の一つとなりそうだ。

同市では02年の太平洋炭砿閉山を機に大量の離職者が発生、生活保護費...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り263文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン