/

高橋北海道知事、原発運転再開で国に再説明要求

高橋はるみ道知事は21日の定例道議会で、海江田万里経済産業相が自治体に原発の運転再開を求めたことについて、「大臣の発言でも(道からの質問の)回答になっていない」と述べ、追加説明を求めた。回答がなければ北海道電力泊原子力発電所1号機(停止)、3号機(調整運転)の再稼働を判断できないとの認識を示した。

道は国に対して(1)津波が原因といわれる福島第1原子力発電所の事故に地震が影響したか(2)浜岡原子力発電所と泊原発に対する国の対応が異なる理由は何か――の2点を質問していたが、現時点で返答がないという。

21日の代表質問では、北電が泊原発3号機で計画中のプルサーマル発電で使用するウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料についても答弁。高橋知事はMOX燃料の使用について「国の(福島第1原子力発電所事故の)検証結果で問題がないことが確認される必要がある」との認識を示した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン