/

この記事は会員限定です

フード特区で食品の機能性表示OK 参加企業の拡大が課題

[有料会員限定]

北海道フード・コンプレックス国際戦略総合特区(フード特区)で食品の機能性表示が認められる。道や北海道経済連合会などでつくる運営組織「北海道食産業総合振興機構」は制度への参加企業をどこまで増やせるかが課題となる。現在参加する見通しの企業は限られている。特区地域だけでなく、全道展開できるかが焦点だ。

商品に特区の認証マークをつけ、消費者がウェブで確認できる食品の新機能性表示は企業側の申請ありき。どれだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り572文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン