千歳のトランシス、食品を販売 物流網生かし参入

2014/4/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コンテナ輸送のトランシス(千歳市)は今夏にも、独自ブランドの食品を国内外で販売する。北海道を中心に生産を委託、物流網を生かして販路を開拓する。運送会社自身が荷主となる商社事業の売上高を5年で現在の2倍の20億円に引き上げる。

独自ブランドは「辰屋(たつや)」とする。第1弾として道内の酒造会社に日本酒の生産を委託、大吟醸など3~5種類程度をそろえる。

国内では既存の取引先やインターネットで販売する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]