東芝ホクト電子、健康・医療向け電子部品を量産

2013/10/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝子会社、東芝ホクト電子(旭川市)は健康・医療など成長分野向け電子部品の量産化に乗り出す。体内計測器に搭載する「疑似SoC」と呼ぶ次世代部品の量産を始めたほか、来年にもDNA検査チップで小型・効率化した新製品や農業、衛生管理など新用途向けの製造を開始。価格を抑えたプリンター用高性能部品も拡販し、2015年度の売上高を12年度比倍増の160億円に伸ばす。

疑似SoC(システム・オン・チップ)は多…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]