/

全日食、地場スーパー加盟のHGCを吸収

中小スーパーが加盟するボランタリーチェーンの全日本食品(東京・足立)は9月、道内の地場スーパーが加盟する同業のエイチジーシー(HGC、札幌市)を吸収合併する。価格競争の激化で、HGCは単独での事業継続が困難と判断した。規模の拡大でメーカーからの仕入れ条件の改善やコスト削減を進めて競争力を高める。

全日食は9月1日付で、HGCに参加する道内18店を加盟店に加え、生鮮食品や日用雑貨、酒類などの供給を始める。今回の合併で全日食チェーンの道内加盟店は141店に増える。9月末に本部業務を全日食に一本化し、HGCは清算手続きに入る。

全日食は10月1日、HGCが札幌を中心に展開している「スーパーエース」の直営5店舗も取得する。パートを含めた従業員を引き継ぎ、営業を継続する方針だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン