北海道銀、国と共同で農業ファンド 海外進出や植物工場後押し

2012/9/14付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農業の6次産業化を後押しするため、北海道銀行がファンドを作って金融面での支援に乗り出す。国のファンドと共同で総額10億円ほどの地域ファンドを今年度中に設立。海外への進出や植物工場の普及をめざす企業に資金を投じる。これまで融資や情報提供、商談会が中心だったが、出資により農業振興を一段と加速する。

農林漁業者が食品加工や販売に進出するのを支援する農林漁業成長産業化支援機構法が8月に成立した。国は機構…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]