北海道発キャラクター、全国区狙う 競争激化で市場開拓に工夫

2014/7/12付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道発のキャラクターが相次ぎ全国で話題を呼んでいる。「ゆるキャラ」を筆頭に地元キャラが乱立する中、運任せでは容易にヒットを望めない。人気を呼び込むためいずれもマーケティングに工夫を凝らしている。

7月上旬、北海道文化放送(UHB)で「アンデッド系アイドル」と銘打ったアニメ「フランチェスカ」が始まった。主人公はロリータファッションに身を包んだゾンビの女の子。道内を舞台にクラーク博士や石川啄木が登…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]