オホーツク、流氷減り漁業に打撃 アザラシ増え被害
沿岸漁協など対策に着手

(1/2ページ)
2012/2/11付
保存
共有
印刷
その他

網走などオホーツク海沿岸に流氷が接近して観光客来訪の最盛期を迎えたが、押し寄せる氷の規模はここ40年で半分程度に落ち込んでいる。流氷の減少がコンブ漁の不漁やアザラシ増加につながり、漁業被害の原因になっている。そこで漁業協同組合や道、研究機関など水産関係者は対策に乗り出した。

港に近づくアザラシ(稚内市)=宗谷総合振興局提供

「アザラシが網の中に入り込んで魚を食べるので、被害は甚大」。稚内市の抜海漁港周辺で漁業関係者が嘆く。昨年末には同漁港内に約1400頭が集まった。稚内漁業協同組合によると、ここ5年でタコやカレイなどの被害が目立つ。

北海道の調査では2010年度のアザラシによる道内漁業の被害額は約3億円に上った。このため道は今月20日に、環境省や北海道漁業協同組合連合会などと連絡協議会を立ち上げ、生息数や被害実態の調査に乗り出すとともに、港内のアザラシを減らす方法を探る。

■沿岸に長くとどまる

「北海道沿岸でアザラシが目立つようになったのは流氷が減ったから」。北海道大学獣医学部の坪田敏男教授は指摘する。地球温暖化の影響で流氷の量が減り、北海道沿岸に接岸して海面が塞がる期間も短くなった。このため行動半径が広がり、海を自由に泳いで、道内沿岸を行き来するアザラシが増えた。北海道沿岸に長くとどまる例も多い。

実際、北海道に押し寄せる流氷は減少の一途。沿岸に流氷が接岸した日から、沖合に向かって岸から離れていく「海明け」までの期間は、網走では07年~11年の5年間平均で32日。40年前(67年~71年)の同58日に比べ半分となった。今季は流氷接近が例年より早いが、それでも5日時点では「(流氷が広がる)海氷域は例年より若干狭い」(札幌管区気象台)という。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]