/

道内社長の出身大学、北海学園大が最多 12年、民間まとめ

帝国データバンクが7日まとめた道内企業分析によると、2012年時点の社長の出身大学は北海学園大学が885人と最も多かった。日本大学が847人で続き、3位は北海道大学(502人)だった。

株式会社と有限会社を対象に道内に本社を置く5万5130人の社長を調べた。個人事業主は除いている。30位以内に道内の大学は13校入り、残る17校はすべて首都圏に本部を置く私立大学だった。

社長の平均年齢は59.2歳。全国より0.5歳高い。道内では1990年の54.3歳から一貫して上昇している。社長交代があった企業の比率も3.43%と、11年から0.2ポイント下がった。中小企業の後継者対策が大きな課題といえそうだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン