/

この記事は会員限定です

ホクレン、農産物を端境期に拡販 首都圏で新規需要開拓

[有料会員限定]

ホクレン農業協同組合連合会は北海道産の農産物を端境期に販売する事業を拡大する。来秋にも鮮度を損なわずにジャガイモを長期保存できる貯蔵設備を関東に新設し首都圏市場を開拓。カボチャ販売では輸入品が大半を占める冬至の時期向けに、品種改良した独自ブランドを生協などと組み売り込む。出荷時期をずらし、付加価値を高める戦略で他産地との違いを打ち出す。

関東野菜センター(茨城県常総市)に空気中の酸素や二酸化炭素の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り582文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン