2019年2月23日(土)

北海道振興、ホテル事業から撤退 アパグループに売却

2012/10/4付
保存
共有
印刷
その他

マンション・ホテル開発のアパグループ(東京・港)は3日、札幌・ススキノで飲食店ビルやホテルを運営する北海道振興(札幌市)から「ススキノグリーンホテル」3棟を取得すると発表した。北海道振興はホテル事業から撤退し、飲食店向けのテナントビル9棟の運営に集中する。

「ススキノグリーンホテル」は3棟で計561室あり、11月6日にアパホテルに名称を切り替える。アパグループは04年にも北海道振興から札幌市内にある別のホテルを取得している。

北海道振興は函館地区でのテーマパーク開発の失敗が重荷となり、03年に民事再生法の適用を申請した。債務免除やススキノ地区以外のホテルを売却するなどして事業を集約し、再建を進めてきた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報