放射性廃棄物の行く先、東北が支える原子力

(1/4ページ)
2012/6/5 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力福島第1原子力発電所の事故をきっかけに、原子力発電所の運転にかかわるコストが見直されている。国の原子力委員会がコストの試算結果を公表したが、最大の焦点となっているのが発電後に発生する放射性廃棄物の処理費用だ。高いレベルの放射線を発生する廃棄物があり、処理するのに時間と費用がかかるからだ。実は、東日本大震災で被害を受けた東北地方にはこうして発生した原子力のゴミが集められている。東北は震災か…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]