安愚楽牧場破綻の真相 経験不足で子牛繁殖できず

(1/2ページ)
2011/9/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

8月9日に民事再生手続きの開始を申し立てた安愚楽牧場(栃木県那須塩原市、三ケ尻久美子社長)の経営破綻の真相は、黒毛和牛繁殖事業の失敗にあった。職員の経験不足が原因で直営牧場で集中管理する子牛が死亡するケースが頻発し、畜産会社としては"落第生"だった。子牛買い取りを通じて母牛(繁殖牛)のオーナー(投資家)に利益を還元するというビジネスモデルはとうに行き詰まっていた。

民事再生の申立書によると、同社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]