/

この記事は会員限定です

IT農家育てたい 仙台市・東北大、指導役に講習

[有料会員限定]

仙台市はセンサーなどIT(情報技術)を使いこなせる農業生産者の育成に乗り出す。東北大学や地元企業で構成する研究会と組み、まず4月からITと農業の知識を併せ持った人材を育成。育てた人材を「農業IT普及員」として、イチゴやトマトなどの生産者の指導役にする。東日本大震災からの復興に向け、主要産業である農業の生産性を上げる狙いだ。

仙台市は、東北大と村田製作所、地元のIT企業などで構成する東北スマートアグ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り414文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン