/

日本未来の党が設立届 飯田氏「小沢氏は無役」

新党「日本未来の党」が総務相に設立届を提出した(28日午後)

新党「日本未来の党」が総務相に設立届を提出した(28日午後)

新党「日本未来の党」は28日午後、東京都選挙管理委員会を通じ、総務相に設立届を提出した。党首には滋賀県の嘉田由紀子知事が就任。設立届には山田正彦氏、阿部知子氏、広野允士氏、森裕子氏、佐藤公治氏、谷亮子氏、川島智太郎氏、主浜了氏の8人の国会議員が名前を連ねた。

都選管に届け出た飯田哲也代表代行は記者団に対し「総選挙に向けて大きな足場ができた」と述べた。国民の生活が第一の小沢一郎代表の「日本未来の党」での処遇については「無役だと理解している」と言明した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン