/

京成電鉄、次期社長に三枝副社長 花田社長は会長に

京成電鉄は28日、三枝紀生副社長(62)が社長に昇格する人事を固めた。花田力社長(67)は代表権のある会長に就任する。6月下旬の株主総会後の取締役会で正式に就任する。一大事業だった東京都内と成田国際空港を結ぶ成田新高速鉄道(成田スカイアクセス)が昨年7月に開業、経営が一定の軌道に乗りトップ交代の好機と判断した。

三枝副社長は人事部を経て鉄道事業をまとめる鉄道本部長などを務め、成田スカイアクセスの開業にも携わった。

三枝 紀生氏(さいぐさ・のりお)71年(昭46年)中大経卒、京成電鉄入社。04年取締役。10年副社長。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン