/

この記事は会員限定です

千葉県内自治体、公共工事入札制度相次ぎ見直し

[有料会員限定]

千葉県内の自治体が公共事業で著しく低い落札価格が出ないよう、入札の仕組みを相次ぎ変更している。入札予定価格を大きく下回る業者を失格にする際の、基準価格の引き上げが主な柱。千葉市が6月に実施、千葉県も7月から変える。ダンピング受注を防ぎ、労働者へのしわ寄せを防ぐといった狙いだが、建設費が上昇する可能性もあり、住民への丁寧な説明も必要だ。

現在、入札予定価格を大きく下回る業者を失格とする「最低制限価...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り689文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン