/

この記事は会員限定です

山形大、アルファ米を瞬時に製造 装置開発

[有料会員限定]

山形大学は米を炊飯せずに粉砕するだけで瞬時にアルファ化できるアルファ米製造装置を開発した。粉砕した米粉に水を加えるとおかゆとして食べられ、震災時などの非常食になる。

今月末に東京で開かれる産学連携の展示会に出展し、地方自治体や菓子メーカーなどに売り込む。

大学院理工学研究科の西岡昭博教授らの研究グループが、粉砕機メーカーのセイシン企業(東京・渋谷)と臼式製粉機メーカーのウエスト(新潟県長岡市)と共...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り273文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン