/

栃木県内のスーパー、出店の軸足を郊外から市街地へ

栃木県地盤の食品スーパーが中心市街地周辺への出店を加速している。たいらや(宇都宮市)が26日にJR小山駅近くに店を開くほか、かましん(茂木町)も11月中旬にJR宇都宮駅南東部に出店する。高齢化や人口の減少をにらみ、郊外の住宅地に加え、マンション建設などで新たな集客が見込める市街地周辺をてこ入れする。出店用地の取得が難しいなか、他社店舗の買収や居抜き出店も含め、競争に拍車がかかりそうだ。

たいらやの「小山本郷店」(小山市)は東北新幹線や両毛線などが乗り入れる小山駅の北700メートルほどの場所に開業する。閉店したキンカ堂跡地の隣で敷地内にはパチンコ店や100円ショップが営業する。

周辺にはヨークベニマルやマルシェ、ベイシアマート、イトーヨーカドーなどが立地。幹線道路からのアクセスの悪さや自社の既存店との競合などの課題も抱えるが、村上篤三郎社長は「駅周辺のマンション計画など人口増加の動きをみれば中長期的に集客は見込める。小山地区での地盤固めにもつなげたい」と話す。

店舗面積は約1900平方メートルで、5億1200万円を投資。省エネ設備に加え、11月上旬には買い物客が自ら決済できる「セルフレジ」も導入する。駐車場は敷地内の他店と合わせて800台分を確保した。午前9時から深夜0時まで無休で営業し、初年度は売上高18億円を目指す。

一方、かましんの「平松本町店」(宇都宮市)はたいらや平松店の近くに立地。店舗面積は2千平方メートル程度で、建物に5億円強を投じる。若井禎彦社長は「集客の見込める用地が確保できれば市街地周辺をテコ入れしたい」と強調。宇都宮市中心部へのさらなる出店も計画中だ。

市街地周辺での出店は郊外に比べ用地確保が難しく、既存の他社店舗を買収する「居抜き開業」のケースも目立つ。例えばオータニ(宇都宮市)がJRA競走馬総合研究所近くに6月下旬開いた明保店(同)は県北が地盤のさかいりショッパーズ(那須塩原市)の店を引き継いだ店だ。

県内のスーパー経営者は「厳しい環境下では立地で妥協はできず、計算できる場所に向かう」と説明。中堅卸売業者は「体力で劣る小スーパーは本拠地から遠い店を手放し、経営資源を集中せざるを得ない。買収案件は今後も増えそうだ」と話す。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン