/

この記事は会員限定です

全国の漁業者、ネットでセリ 産地情報など値決め

[有料会員限定]

全国の主要漁港や水産物流通システムの企業が産地直送の電子ネット取引に乗り出す。オンラインの受発注システムを整え、売り手の生産者と買い手の小売業者や飲食店などが互いに希望価格を提示できるようにする。卸売市場を残しつつ、ネットによる新たな流通経路をつくる。産地情報をリアルタイムで提供し、ネット上の"セリ"をめざす。

電子化の流れから、東京証券取引所では取引の際、売り手と買い手の間で値段交渉などを担って...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り636文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン