群馬の養蚕、灯は消えず 「バイオ繭」医薬・化粧品で飛躍へ

(1/3ページ)
2013/12/4 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界有数の工業国である日本ブランドの代名詞「メード・イン・ジャパン」。そのはしりは100年以上の昔、海外に打って出て欧米を席巻した生糸や絹織物だろう。日本の近代工業の礎として果たした役割は計り知れない養蚕業だが、時代の流れにはあらがえず、今や風前のともしびだ。

■蚕の卵にDNAを注入

そんな中、僅かに残る養蚕の灯を消すまいと奮闘する企業がある。群馬県藤岡市に本社を構える、研究用試薬開発の免疫生物研…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日本の底力

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]