/

玄海原発、耐震データ入力ミス 再稼働さらに遅れも

九州電力の玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)で、運転再開の前提となるストレステスト(耐性調査)に必要な耐震基準に関するデータを同社が誤入力していたことが22日、分かった。経済産業省原子力安全・保安院によると入力ミスは2カ所。修正には一定の時間が必要となるもよう。テスト実施は修正後となるため、運転再開はさらに遅れる可能性が大きくなった。

入力ミスがあったのは、玄海原発の原子炉建屋などの耐震性などを検証する解析モデルの入力データとみられる。

東京電力福島第1原発の事故を受け、政府は全国の原発で自然災害など最悪の事態に耐えられるかを調べるストレステストを実施する。玄海原発では「やらせメール」問題が判明するなど、運転再開が当初の見通しから大幅にずれ込んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン