大七酒造、欧米富裕層向け市場開拓 日本酒の魅力、内外でPR

2014/1/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本酒の魅力を海外にアピールする東北の酒造会社の試みが続いている。1752年創業の福島県二本松市の大七酒造(太田英晴社長)は欧米で富裕層向け需要の開拓を進める。洗練された味わいを十分に知ってもらい、海外でのブランド価値を高める。和食が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されたことを追い風に、攻勢を強める。

東日本大震災以降、東北の酒造各社は、生活習慣や食文化などが日本と比較的近い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]