デザイナーの卵と菓子開発、菓子舗栄太楼

2010/3/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

菓子舗栄太楼(秋田市、小国輝也社長)は秋田公立美術工芸短大(秋田市)の学生と共同で和洋菓子を開発した。シュークリーム「エビシュー」と、どら焼き「エビドラ」の2種類。餡(あん)にゼリーを入れたり、詰め合わせにケーキ用の箱を用いるなど学生のアイデアを反映した。

同短大で産業デザイナーを養成する官能右泰准教授の約40人のゼミの学生が協力…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]