/

この記事は会員限定です

山形で映画制作相次ぐ まちおこしの起爆剤に

[有料会員限定]

山形県内で映画を制作する動きが広がっている。日本でも数少ない常設の映画撮影施設「庄内映画村」(鶴岡市)でさまざまな作品がつくられているが、庄内地方だけでなく県南部の温泉地でもご当地映画の制作が進む。まちおこしや観光客誘致の起爆剤にしようと、地元住民も弁当の差し入れやエキストラ出演などで全面協力している。

「ハイ、カット!」 7月末、旧民芸品店の木造家屋に監督の声が響き渡った。米沢市の奥座敷といわれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1409文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン