2019年2月17日(日)

山形で映画制作相次ぐ まちおこしの起爆剤に

2012/9/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

山形県内で映画を制作する動きが広がっている。日本でも数少ない常設の映画撮影施設「庄内映画村」(鶴岡市)でさまざまな作品がつくられているが、庄内地方だけでなく県南部の温泉地でもご当地映画の制作が進む。まちおこしや観光客誘致の起爆剤にしようと、地元住民も弁当の差し入れやエキストラ出演などで全面協力している。

「ハイ、カット!」 7月末、旧民芸品店の木造家屋に監督の声が響き渡った。米沢市の奥座敷といわ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報