/

ホウレンソウ、茨城県が出荷停止要請 基準値超す放射線量

茨城県は19日、県内で採取した露地物のホウレンソウから食品衛生法上の暫定基準値を超える放射性ヨウ素が検出されたと発表した。県は同日、県下の農協と全市町村に対し、ホウレンソウの出荷停止を要請した。

ホウレンソウは高萩市など県北6つの市町村で18日に採取されたもので、1キログラムあたり2000ベクレルという基準値に対し、最高で1万5020ベクレルという濃度の放射性ヨウ素を検出した。

ホウレンソウはハウス栽培が中心で露地物はほとんど出回っていない。茨城県は独自にハウスものの放射能濃度についても調査するほか、イチゴ、牛乳などでも調査を進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン