2019年1月22日(火)

ヤマザワ、秋田のスーパー・よねや商事の株10%取得

2012/9/18付
保存
共有
印刷
その他

山形、宮城両県を地盤にする食品スーパーのヤマザワは18日、秋田県南部を拠点にする中堅スーパーのよねや商事(横手市)の株式を10%取得し、資本参加すると発表した。当面、情報交換や商品の仕入れ面などで共同歩調を取り、最終的にグループ化も視野に入れる。

よねや商事の発行済み株式総数3万9000株のうち3900株をヤマザワが取得することで両社は合意した。2カ月後をめどに、よねやの財務体質や資産状況などを調べ株価を決める。取得にかかる費用は1億数千万円になる見込み。

資本参加によって両社の持つ店舗運営や経営のノウハウを提供し合う。今後、商品の共同仕入れやヤマザワの子会社、サンコー食品(山形市)が製造する総菜や日配品をよねやに提供することも検討する。最終的にヤマザワがよねやの株式の過半数を取得して、グループ化することもあり得るという。ヤマザワはこれと並行して、秋田県内に適地があれば単独で進出することも検討する。

ヤマザワは現在、山形県内に44店舗、宮城県内に22店舗を構える。来年中に秋田と岩手両県に店舗を出す計画を公表している。よねや商事は横手市や湯沢市周辺の秋田県南部に「スーパーマーケットよねや」を9店舗経営する中堅スーパー。2012年3月期の売上高は107億円だった。単独で店舗展開するのが難しい状況で、地理的に近いヤマザワとの資本提携に踏み切った。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報