/

シダックス創業者、山梨でワイン用のブドウ栽培へ

シダックス創業者で同社最高顧問の志太勤氏は18日記者会見し、山梨でワイン用のブドウを栽培することを明らかにした。山梨県北杜市で4月をメドに農業生産法人を設立し、2014年4月から同市内でフランスのブドウ品種を生産する。欧州で主流の垣根栽培に取り組み16年には出荷。醸造後、シダックスグループの飲食店に供給したり、小売りしたりする。

北杜市の標高700メートルに位置し、ブドウ栽培に適しているとされる明野地区の耕作放棄地20ヘクタールを借り受ける。農業生産法人は、栽培管理で10人程度の雇用を計画。土地造成や地元の農業委員会との調整を経て、来年4月にまず5ヘクタールに植え付ける。ピノ・ノワールやシャルドネといった仏品種のブドウを植え付ける。

垣根栽培は苗を土に植えて枝葉を縦列で育成する方法。欧州で用いられており、国内の棚栽培といわれる枝を横に向かって伸ばす方法と異なる。垣根栽培は棚栽培より酸味と糖度が凝縮されるという。農業生産法人は3年かけて栽培した後、醸造工程に移す。同氏が静岡県伊豆市に構えるワイナリーに運んで醸造するか、新たに醸造所を設けるかは今後詰める。

栽培用地全体に植え付けてフル生産すると、ワインのボトル換算で年間26万本を供給する見込み。志太氏は会見で、「北杜で収穫したブドウはワインだけでなく、健康飲料にも応用したい」と抱負を述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン