/

この記事は会員限定です

賞味期限長い湯葉 太子食品、新製法で13日間

[有料会員限定]

豆腐・納豆など大豆食品メーカー、太子食品工業(青森県三戸町、工藤茂雄社長)は賞味期限が13日間と長い湯葉の新製品を開発した。従来製品は約3日間だった。湯葉をくみ上げて乾燥させない製法を採用したため、空気に触れる時間が短く保存性が向上したという。関東・東北地方のスーパーなどで販売を始めた。

新製品の商品名は東北では「北の大豆生ゆば」、関東では「日光生ゆば」。それぞれ16日、6月に売り始めた。

湯葉は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り246文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン