岩手大発VBのアイカムス、ペン型電動ピペット開発

2013/6/19付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

岩手大学発ベンチャーで精密機器開発のアイカムス・ラボ(盛岡市、片野圭二社長)は検査などで液体を吸引・滴下するピペットの製造技術を改良し、最小・最軽量水準でペン型電動製品を開発した。同社の超小型駆動装置の技術を用い、使いやすさの向上と精度の維持を両立させた。医療や製薬などの現場で少量の試薬などを何度も注ぎ分ける作業の負担を軽減する。

従来型のピペットは注ぎ口の反対側にあるボタンを押して滴下するが、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]