/

北海道電泊原発3号機、営業運転に移行 震災後で初

北海道電力は17日午後、泊原子力発電所3号機(北海道泊村)について、定期検査の最終段階の調整運転から営業運転に移行した。北海道の高橋はるみ知事が同日、海江田万里経済産業相に容認の意向を伝え、経産省原子力安全・保安院が北電に検査終了証を交付した。東日本大震災後に定期検査中の原発が営業運転に移行するのは初めて。

原子力安全・保安院から泊原発3号機の定期検査終了証を受け取る北海道電力東京支社長(左、17日午後、経産省)

泊3号機は1月に定期検査入りし、大震災発生前の3月7日に調整運転を始めた。東京電力福島第1原発の事故が起こったため、通常1カ月程度の調整運転を5カ月以上続けていた。既にフル稼働で送電をしており、営業運転に移行しても電力供給量は変わらない。

高橋知事は17日午後の記者会見で、「(原発は)道民の生活を守り、産業活動の環境を整備し、企業誘致のためにも重要だ」と語った。

営業運転を容認した理由としては、保安院と原子力安全委員会が泊3号機の最終検査を2重でチェックしたことを挙げ、「率直に評価している」と語った。

高橋知事は同日、海江田経産相に電話で容認の意向を伝えるとともに、定期検査中の原発の再稼働問題について「立地地域の不安解消のため、安全性を確保することが重要だ」と述べ、丁寧な対応を求めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン