富山大など、羊膜を使い再生医療 角膜や脳硬膜に移植

2014/1/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

富山大学は富山県内に拠点がある中小企業などと独自の再生医療を事業にする。ヒトの胎児を包む羊膜を活用し、技術提供する企業を通じ3年以内に医療現場で使えるようにする。政府が成長戦略の柱として再生医療の実用化を後押しする方針を掲げる中、地方発の産学連携により独自手法の普及を目指す。

医学部の二階堂敏雄教授がマイクロ波や遠赤外線を当てて羊膜の水分を蒸発させ、性質をそのままに乾燥させる技術を開発した。この…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]