2019年2月19日(火)

「イケア仙台」17日開業 地域の特徴、展示に反映

2014/7/15付
保存
共有
印刷
その他

家具専門店のイケア・ジャパン(千葉県船橋市)は15日、仙台市太白区あすと長町に17日オープンする「イケア仙台」を報道陣に公開した。ショールームでは、広めの寝室に大きめのベッドを提案するなど東北地域の特徴を反映。店内のレストランには世界全約300店舗で初めてとなるセルフレジを導入した。

イケア仙台は東北初、国内8番目の大型店舗。約1万6000平方メートルの売り場に約7500品目を取りそろえる。実際の部屋や家の間取りを再現したコーナーは約40用意した。仙台周辺で実施した家庭調査を踏まえ、寝室は通常の店舗より2畳ほど広い10畳とした。親子で眠れるようにベッドを2つ置くなど東北ならではの展示にこだわった。

レストランではミートボールやサーモンなどスウェーデン料理を提供。顧客自らが食事後に精算するセルフレジを導入した。同社の担当者は「レジで待たずに温かい料理を食べてもらえる」と話す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報