2019年1月24日(木)

マツキヨ、ダルマ薬局を買収 復興需要にらみ東北拡充

2012/3/15付
保存
共有
印刷
その他

ドラッグストア最大手のマツモトキヨシホールディングス(HD)は15日、宮城県を地盤とする同業のダルマ薬局(仙台市、和田永浩社長)を5月に買収すると発表した。マツキヨHDは東北6県に約30店しかなく、全店舗数の2%にとどまる。62店を展開するダルマ薬局の買収で東北地方の地盤を強化し、復興需要の取り込みをねらう。

マツキヨHDは和田社長ら創業家から全株式を取得する。取得金額は明らかにしていない。東北地方の強化を目指し、3年ほど前から買収の交渉をしてきたという。買収後もダルマ薬局の店名は変更しない方針だ。

ダルマ薬局は他のドラッグストアチェーンとの競争が激しくなる中で、マツキヨ傘下に入って商品力やコスト競争力を高めていく。

具体的にはマツキヨのプライベートブランド(自主企画)商品である「MKカスタマー」の化粧品や日用品、一般用医薬品の供給を受けるほか、商品の共同仕入れによって原価の低減にも取り組んでいく。

東北地方でチェーン展開するドラッグストアとしてはツルハホールディングス(約300店)や薬王堂(約130店)などが大手で、ダルマ薬局は両社に次ぐ規模を持つ。2011年3月期の売上高は106億円。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報