/

JX仙台製油所の火災が鎮火

宮城県は15日、JX日鉱日石エネルギーの仙台製油所(仙台市)で発生した火災の鎮火を確認した。同製油所はガソリンなど石油製品の生産拠点。震災があった11日に出荷設備から出火し操業を停止していた。被災地では燃料が不足しており、同製油所に大量に保管されている燃料の活用が求められている。

仙台中心部と同製油所を結ぶ道や敷地内には津波被害で土砂やがれきが堆積しており、県は16日にも撤収作業に着手する。配管などの設備も損傷しているため、タンクに残る石油製品の抽出方法を検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン