/

この記事は会員限定です

福島に医療研究拠点が続々 人工心臓開発やがんの原因分析

[有料会員限定]

福島県に医療関連の大型研究施設が相次いで建設される。人工心臓などの開発支援、がんの原因解析、放射性物質への対応の研究など、いずれも世界最先端の水準を目指す。地元の医療に貢献するだけではなく、日本の医療産業の競争力を高める役割を果たせるかが試される。

「日本初の施設で国外からの利用も見込まれる」。福島県の佐藤雄平知事は郡山市で2016年春に稼働させる「医療機器開発・安全性評価センター」(仮称)の意義...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り965文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン