前橋市初のコミュニティFM、11年1月にも放送開始

2010/12/15付
保存
共有
印刷
その他

まえばしCITYエフエム(前橋市)は14日、同日付で総務省関東総合通信局からコミュニティFM放送局の予備免許の交付を受けたと発表した。前橋市内では初のコミュニティFMの開局となる。月内に電波の試験を始め、早ければ2011年1月末にも放送を始める見通し。

周波数は84.5メガヘルツで、前橋市とその周辺地域で受信できる。24時間放送で、地域のイベントや観光地の情報が中心となる。1時間半から2時間の独自番組を朝昼夕の毎日3回流す。他の時間は東京都のラジオ局から番組を購入する。

まえばしCITYエフエムは群馬トヨペット(前橋市)など市内外の47社が出資し、今年10月に設立した。資本金は5110万円で、社員は5人。

番組を収録するスタジオは同市本町の「前橋プラザ元気21」に置く。番組内のコマーシャルの収入のほか、前橋市の広報番組を製作することによる委託料を収益にあてる予定だ。

県内では、高崎市など6つのコミュニティFM局がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]