福島第1原発2号機で爆発音 一部作業員が避難

2011/3/15付
保存
共有
印刷
その他

東京電力福島事務所は15日朝、原子炉内の燃料棒が冷却水上にすべて露出している福島第1原発2号機について、格納容器の底の部分で水蒸気を水に変える「サプレッションプール」(圧力抑制室)に欠損が生じていることを明らかにした。炉心を冷やすために海水を注入しても、冷却水の水位が回復しない異常事態が続いていた。

東電福島事務所によると、6時10分に爆発音があり、圧力抑制室内で圧力が低下。正門付近で7時すぎ時点で1941マイクロシーベルトと放射線量が大幅に上昇した。何らかの異常があったと判断し、必要な作業員以外は構外に一時避難させたという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]