原発周辺住民、「仮の町」移住へ直面する現実

(1/3ページ)
2012/7/1 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府が東京電力福島第1原子力発電所の事故で避難した福島県の住民に重い現実を突きつけた。10年後の2022年になっても約1万5000人の住民が帰還できない恐れがあるとのデータを示したのだ。

データを公表したのは、6月9日に福島市で開かれた国と県、双葉地方町村などによる協議会。原発周辺の11市町村を対象に今後、放射線量がどこまで下がるかを試算した。東日本大震災前に避難区域に住んでいたのは8万5988…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]