2019年1月20日(日)

湘南国際村の古木保全事業 命名権、三井不に

2010/9/14付
保存
共有
印刷
その他

神奈川県は湘南国際村めぐりの森(横須賀市)の古木保全活動事業について、三井不動産に命名権(ネーミングライツ)を売却することで検討に入った。芦ノ湖キャンプ村(箱根町)の命名権も施設管理会社のファンスペース(東京・渋谷)に売却する方向。命名権を購入したい対象事業、施設を広く募集し、両社から申請があった。

県は対象となる公共施設やイベントを6~7月に民間から公募。13日に選定委員会を開き申請のあった2件を了承した。来月にも松沢成文知事が結論を発表する見通し。

命名権料の半額は厳しい財政状況を踏まえて一般会計予算収入に回すほか、残りは対象施設の維持管理費などに充てる。

めぐりの森にあるタブノキは樹齢約400年とされ、県の第三セクターが指定する「かまくらと三浦半島の古木・名木50選」の一つ。ファンスペースは来年4月以降の芦ノ湖キャンプ村の指定管理者を目指しており、施設名も変更したい考えだ。

一方、これとは別に県は16日から県民ホールや県立音楽堂など11施設の命名権者の募集も始める。集客力の高い施設を中心に選定した。

県は4月から第1弾となる命名権の募集を実施。これまで売却が決まったのは湘南大橋など5件にとどまっている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報