/

ジェイアイエヌ、軽量眼鏡100万本販売へ 広告宣伝も強化

眼鏡店「JINS(ジンズ)」を展開するジェイアイエヌは13日、自社開発の軽量眼鏡「エア・フレーム」について、2011年2月までに累計100万本を販売する計画を明らかにした。17日から新シリーズを発売するほか、11年8月期の広告宣伝費を前期比3割増やし、有名俳優を起用したテレビCMを投入。若年層だけでなく30代や40代も顧客に取り込む。

ジェイアイエヌの田中仁社長は13日に東京都内で開いた記者会見で、エア・フレームが昨年9月の発売から45万本が売れたと述べたうえで、来年2月までに累計100万本の販売を見込んでいることを明らかにした。

一方で田中社長は「ジェイアイエヌはまだまだ知名度が低い」と課題を指摘。認知度を上げるため、14日から放送する新しいテレビCMに俳優の栗山千明さんとオダギリジョーさんを起用。エア・フレームの第3弾商品をアピールする。

同社は販売する眼鏡のすべてを自社で開発するSPA(製造小売り)型企業。軽さを売りにした「エア・フレーム」シリーズを核に、10年8月期の単独売上高(速報値)は前の期を46%上回った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン