/

この記事は会員限定です

自治体の研究機関の特許移転、地場産業育成大きく 日経調べ

[有料会員限定]

自治体研究機関が取得した特許の地場産業などへの移転が、新産業の育成に大きく貢献することが日本経済新聞社の調べでわかった。複合材料の技術が航空機の主要部品に使われるなどして、年に数百万円から1千万円程度のロイヤルティー収入を生み出すケースもある。各機関は「民間での実施」を特許開発の最大目標に据えるようになっている。

47都道府県の工業・科学系の試験・研究機関を対象に2013年12月に調査し、全都道府...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り352文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン