/

茨城県、福島原発の周辺住民1万5000人受け入れ

国の要請

茨城県は13日、国からの要請があり、福島第1、第2原発の周辺住民約1万5000人を県内の県有施設などに受け入れると発表した。食料や水などは国が用意する。受け入れ時期や具体的な受け入れ場所などは未定だとしている。

県内の市町村ではつくば市など8市町村が受け入れできると答えている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン