/

この記事は会員限定です

住民帰還へ正念場 福島、避難指示区域再編の市町村

[有料会員限定]

東京電力福島第1原子力発電所事故で、今もなお15万人が避難生活をおくる福島県。政府はこれまでに双葉町などを除く9市町村で避難指示区域の再編を実施、除染やインフラ復旧が今後本格化する。ただ復興庁の調査では、原発周辺自治体の3~4割の住民が「戻らない」とする意向を示している。東電の不動産賠償が始まった今年度は、自治体にとって正念場の1年となる。

「いよいよ本格的に賠償や除染、インフラ復旧がスタートする...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1196文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン